Next Page

1

Previous Page

Thread: CF2021 - AWS WorkMail 接続

Created on: 02/07/22 01:39 PM

Replies: 4

tig


新米


Joined: 03/11/13

Posts: 5

CF2021 - AWS WorkMail 接続
02/07/22 1:39 PM

宜しくお願いします。
AWS Marketplace の CF2021 (Ubuntu20.04) 環境にて、メール送信サーバにAws WorkMail を使用するために、CF Administrato "サーバーの設定" > "メール" を設定していますが、接続の確認で失敗し接続できません。
メールサーバ : smtp.us-west-2.amazonaws.com
ユーザー : WorkMail に登録したユーザーとパスワード
サーバポート : 465
メールサーバへのSSLソケット接続 と メールサーバへのTLS接続 は ON/OFF を切り替えながら接続できないか試しています。

また、
WorkMail の裏では AWS SES が動いているようで、SES での SMTP設定は次のようになっています。
【SMTP STARTTLS】port: 25,587, 2587
【SMTPS (TLS)】 port: 465, 2465
メールサーバ: email-smtp.us-west-2.amazonaws.com
ユーザー: AWS IAM に登録したユーザー とパスワード。このユーザの属するグループに次のアクセス権限を与えています。
 ・AmazonEC2FullAccess
 ・AmazonSESFullAccess
 ・AmazonWorkMailFullAccess

その他に必要な情報がありましたらすぐに提示できます。
どなたか、WorkMailに接続していらっしゃる方、接続に詳しい方々のご教授を宜しくお願いいたします。

Link | Top | Bottom

mur


半人前


Joined: 06/04/07

Posts: 24

RE: CF2021 - AWS WorkMail 接続
02/07/22 6:46 PM

Aws WorkMail は触ったことがないので分からないですが、Amazon SESであれば、下記のように設定してメールを送信していました。

cfmail の設定(主なものだけ)
server="email-smtp.ap-northeast-1.amazonaws.com",
usetls="true",
usessl="true",
port="465",
username="IAMでAmazonSesSendingAccessの権限を持つユーザーのアクセスキー ID",
password="そのユーザーのシークレットキー",
from="AMAZON SESで作成したドメインレベルのIDの範囲内のメールアドレス or EメールアドレスID",

この辺の情報とか
https://qiita.com/OMOIKANESAN/items/1b8941258fb7ebbdb057
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/ses/latest/dg/creating-identities.html

他にもサンドボックスの設定が必要だったり
https://blog.framinal.life/entry/2018/08/24/094009


ちょっと前に試しただけなので、今の状況と違うかもしれません。あと、Aws WorkMail と全く関係が無かったらゴメンなさい。
* Last updated by: mur on 2/7/2022 @ 6:47 PM *

Link | Top | Bottom

tig


新米


Joined: 03/11/13

Posts: 5

RE: CF2021 - AWS WorkMail 接続
02/14/22 10:18 AM

mur 様

早速のご返信、ありがとうございます。
ご連絡が遅くなり失礼しました。
AWS サンドボックスを疑って調べていました。。

いただいた内容を見て再度、設定してみます。
後ほど、進捗をご連絡させていただきます。

ありがとうございました。感謝です!!

Link | Top | Bottom

tig


新米


Joined: 03/11/13

Posts: 5

RE: CF2021 - AWS WorkMail 接続
02/24/22 4:27 PM

mur 様
返信が遅くなり失礼しました。マルチサーバのAJP設定ではまってましたが抜け出し、今メール設定ができました。
結果は、CFAdmin の Server Setting の Mail で AWS WorkMail に接続設定し、CFMファイルの <cfmail でメール送信ができました。

WorkMail のサービスエリアが日本に無いため、US 西海岸オレゴン us-west-2 への接続です。

CF Mail設定内容は、
Mail Server : smtp.mail.us-west-2.awsapps.com
User name : WorkMail に登録したユーザー (例) support@mydomain.com
Password : 上記User のパスワード

Sign the mail : チェックOFF, 関連項目は空 (デフォルトのまま)

Server Port : 465
Enable SSL socket connection to mail server : チェック ON
Enable TLS connection to mail server : チェック ON

その他項目はデフォルトのまま

CFmail タグの例
<cfmail
to="sumple@gmail.com"
from="support@mydomain.com"
subject="テスト CFMAIL"
failto="support@mydomain.com"
charset="UTF-8"
type="html">
これはCFMAILで送信したメールです.
</cfmail>

AWS EC2 環境の Cfusion でPostfix を立てた場合、AWS にサンドボックスの解放を依頼する必要があり、解放する理由を3つのことについて書くことになります。
当方でも依頼したのですが、2回却下されました。
WorkMail を使った上記の方法ですとサンドボックス解放を依頼する必要が無くすぐに構築できました。

情報をいただきありがとうございました。
tig

Link | Top | Bottom

mur


半人前


Joined: 06/04/07

Posts: 24

RE: CF2021 - AWS WorkMail 接続
02/25/22 6:01 PM

こちらこそ、細かな情報まで共有して頂きありがとうございました。

Link | Top | Bottom

Next Page

1

Previous Page

New Post

Please login to post a response.